ケイトトス★トップページへ
Casa Flamenca タイトル

第一回  山本淳子先生主宰 カサ・フラメンカ(名古屋市)

今回から新企画"VIVA! Estudio"と題してKateTossお得意様訪問レポートをはじめます!
第一回にご協力頂いたのは名古屋市にある山本淳子先生主宰のCasa Flamenca(カサ・フラメンカ)の皆様です!!


んなにも自由になれるんだ・・・って感じて欲しい。

山本淳子先生近影
山本 淳子(やまもと じゅんこ)
名古屋出身
1978年にフラメンコに出会い、80年よりベニータ・ケイに師事。舞踊団のソロ・ダンサーとして活躍し、96年退団。その後多数のスペイン人アーティストに学び、98年より教授活動を開始。
2000年にSTUDIO CASA FLAMENCAを藤が丘(名古屋)にオープン。千種へのスタジオ移転を経て、現在は名古屋駅近くにスタジオを構え、教授活動をはじめ様々なイベントを行う。

発表会写真閲覧
写真説明
図 A::2012年3月の発表会のフィナーレ

B:指導中の山本先生

C:発表会のカーテンコール、プレシャスの別注でルンバ用にファスナー切り替えでミニ裾のサプライズ
D:取材に伺ったこの日、丁度発表会の写真が届きレッスン後に急遽閲覧会

E:専科のガロティン、レッスン風景
 

「上手い下手よりも、一番伝えたい事は気持ちです。匂いだったり空気だったり…私が出来ることはそれだけだから…。」

山本先生のフラメンコヒストリーは、広告関係への就職後から始まる。元々は趣味で、「踊れるコピーライターになろうと思った(笑)」のがきっかけ。
結婚・出産を機に退職後も、自己流で始めた衣装制作で収入を得ながらフラメンコを続けた先生。
「衣装がね、大好きなんですよ。だからとことんこだわる。妥協はしませんよ(笑)」

明るい人柄の反面、山本先生の人生はなかなかの苦労続き…。
そんな先生の転機はアンヘリータ・バルガスとの出会い。クルシージョを受けたとき、それまでにない解放感を感じたという。「こんなにも自由になれるのか」…と。
その想いを一人でも多くの生徒さんに伝授したい…。本格的に指導を始めるにあたり、山本先生は名古屋市内にスタジオを持つ決心をする。
「フラメンコに限らず垣根なく皆が寄れるような、自由なスタジオをつくりたかった」との言葉通り、若手劇団の稽古やフラダンス、ベリーダンスなど様々な人々にスタジオを解放している。

ご自身については…
「クルシージョなどに行くとついのせられちゃう。目立ちたがりなんですよね(笑)。」本番舞台では予定にないアイデアを盛り込み、周囲を驚かせることもしばしば。「突然いいこと思い浮かんじゃうの!だからあまり練習はしないかな。…あ、言い訳っぽい?怠け者なんだよね(笑)」
練習後も、山本先生の周りからは生徒さんの笑顔が絶えない。この空気感は、先生の明るく気さくな人柄が作り出しているに違いない。

  2012年発表会の模様
 

カサ・フラメンカの発表会は新人さんが皆とてもいい顔をしてますよね?
「始めたばかりの頃は、覚える事が多くてなかなか楽しむまではいかないのが普通。レッスンではまず出来る範囲で踊ってもらう。続けるうちにどんどん楽しくなる。」
なるほど、レッスンを拝見していると、皆さんのびのびとして、とても楽しそうだ。
「発表会ではお客様も素人さんが多い。だから1曲を出来るだけ短くして、みんなの出番を増やす。楽しく踊ってるとお客様も笑顔になって下さいます。発表会ではみんなが主役です。」

これからフラメンコをはじめられる人に一言…。

「まずは続けることですかね。やりたいなと思ったときにとりあえずやってみる。フラメンコやると、性格が前向きになりますよ(笑)

専科のレッスン風景
       
 

 ■レッスン生の声

古屋に来たら是非ライブを!

 
相内さん
相内 美樹さん
フラメンコ歴:7年
優しい笑顔の相内さんは入門クラスの代教も務める。

週末は淳子先生を始め、カサ・フラメンカのメンバーがタブラオ等に出演しています。是非一度、私達のライブを体験してみて下さい!(詳細はホームページhttp://casa-flamenca.comに常に更新中です)

「淳子先生は(ああいう性格で(笑))一人ひとりの個性を尊重して自由にやらせてくれる、なんでも受け止めてくれる。」

今後チャレンジしたい事は…
ちょっとでも自分の気持ちを踊りでを表現出来る様に、(空気感)とか先生のワザを盗みたい(笑)。
発表会ではどの曲を…?
習った踊りは全て参加するのでみんな何回も出るんです。私は8曲踊りました!
ケイトトスの衣装はいかがでしたか…?
アレグリで花柄のプレシャスを着用しましたが、すごく踊り易かったです♪今年のモデルは上下を別モデルからカスタマイズするのを狙っています★


小川さん
小川 百合恵さん
フラメンコ歴:6年
立ち姿も美しい小川さんは代教も務める。
 

室選びで悩まれていたら・・・

 

是非一度、足を運んで下さい。レッスンに来るのが毎回楽しみになりますよ。

分かりにくい身体の表現も、よりつかみ易い様に、10人には10通りの工夫をしてくれる…。レッスンが面白いです。自分も指導の参考にさせてもらってます。

今後チャレンジしたい事は…
これから色々なライブにも出て、フラメンコの楽しみまでが教えられるようになりたい。
発表会のプレシャスはいかがでしたか…?
思いのほか生地が柔らかく着心地もよく、踊りやすい、とても周りの評判が良かったです♪

 
 

からない・・・というコトを分かって

 
徳村さん
徳村 真未さん
フラメンコ歴:4年
満面の微笑みで答えて下さった徳村さんは、皆さんと違い、カサ・フラメンカが初めての舞踊教室
 
くれるんですよね。スっと出来なきゃダメ!とか1回で出来なきゃダメ!…とかじゃないんです。
先生は誰よりもパワフル、誰よりも新しいものを取り入れようと日々努力している。フラメンコに情熱を持ち続けている。それって理屈抜きでスゴい!

カサ・フラメンカに入ったきっかけは?
情報誌を見て、いくつかの候補へ体験に行こうと思って、まず1つ目に体験したのがここ。1つ目のつもりが惚れ込んでしまって、そのまま入った。(とにかく踊りたかったので、バレエ、フラダンス、社交ダンスも視野に入れて順番に体験する予定だったのに・・・(笑))
   
 
セビジャーナス大会のバタ
2010年パルケエスパーニャのセビジャーナス大会でボニータ賞を受賞した際のフォト(縦フリルのバタはなかなか扱いが難しいけど慣れると立ち姿が美しくて満足していますと徳村さん談)

 ■アクセスマップ


大きな地図で見る

 

所在地:
愛知県名古屋市中村区則武1-12-1名古屋駅西ビルB1
名古屋駅新幹線口から徒歩4分
TEL/FAX:052-452-3033
MOBILE:090-3151-6293
ホームページ:
http://casa-flamenca.com

教室情報やライブ情報、スタジオレンタルなどホームページに更新中です!
是非ご覧くださいませ!

  趣味のいいHPはプロダクト・デザイナーの山本先生の息子さんが手掛けられたとの事(^-^)
(c)2012 STUDIO CASA FLAMENCA.
当ホームページ掲載の記事、写真等の無断転用をお断り致します。
(c)2012 KateToss.com.